一般財団法人建設業振興基金
施工管理技術検定
施工管理技術検定トップ 施工管理技術検定とは
建築施工管理技術検定試験
1級 学科・実地試験 2級 学科・実地試験
電気工事施工管理技術検定試験
1級 学科・実地試験 2級 学科・実地試験
昨年度までの実施状況
トップ  >  1級電気工事施工管理技術検定  >  学科試験・実地試験のご案内
1級電気工事施工管理技術検定 学科試験・実地試験のご案内

■ 学科試験・実地試験受付期間

学科試験免除者も受付期間は同じです
インターネット申込受付期間:平成26年2月7日(金)〜2月21日(金)
書面申込受付期間:平成26年2月7日(金)〜2月21日(金)〔消印有効〕
    インターネット申込は再受験申込者及び前年度学科合格者のみ
(当年度学科試験合格者の実地試験申込:平成26年7月25日〔発表日〕〜8月8日)

■ 試験日

学科試験:平成26年6月8日(日)
実地試験:平成26年10月19日(日)

■ 試験地

札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・沖縄
(会場確保の都合上、周辺都市で実施する場合があります。)

■ 合格発表日

学科試験:平成26年7月25日(金)
実地試験:平成27年2月6日(金)

1.受検資格

(1)学科試験 下表の区分イ〜ホのいずれか一つに該当する方です。 



注1. 実務経験年数は、平成26年3月末日で計算してください。
注2. 実務経験年数には、「指導監督的実務経験」を1年以上含むことが必要です。
指導監督的実務経験とは、現場代理人、主任技術者、工事主任、設計監理者、施工監督などの立場で、部下・下請けに対して工事の技術面を総合的に指導監督した経験をいいます。
注3. 表中※1印がついている実務経験年数については、主任技術者の要件を満たした後、専任の監理技術者の配置が必要な工事に配置され、監理技術者の指導を受けた2年以上の実務経験を有する方は、実務経験が2年短縮できます。この場合、提出書類として下記2.[7]が必要です。
注4. 指導監督的実務経験として「専任の主任技術者」を1年以上経験した方は、表中※2印がついている実務経験年数に限り2年短縮が可能です。この場合、提出書類として下記2.[8]の5点が必要です。

(2)実地試験  下記のいずれかに該当する方です。

[1] 本年度学科試験の合格者
[2] 学科試験免除者 [a]平成25年度学科試験のみの合格者
[b]技術士法による技術士の第二次試験のうちで技術部門を電気電子部門、建設部門又は総合技術監理部門(選択科目が電気電子部門又は建設部門)に合格した者で、なおかつ1級電気工事施工管理技術検定学科試験の受検資格〔上記(1)表〕を有する者

2.申込に必要な書類

[1] 受検申請書
[2] 住民票(住民票コードを記入した場合は不要)
[3] パスポート用証明写真1枚
[4] 受験料の振替払込受付証明書
[5] 資格証明書(合格証明書、免状等)の写し
[6] 卒業証明書(原本)
[7] 「 専任の監理技術者の指導のもとにおける2年以上の実務経験証明書
[8] 「 専任の主任技術者実務経験証明書」「工事請負契約書(写)」「施工体系図(写)」「現場代理人主任技術者選任届(写)」「建設業許可通知書(写)」の5点
(注)[1] 〜 [4] は、受験申込者全員が提出するものです。
[5] 〜 [6] は受検資格区分イ〜ホに応じた提出書類です。
[7] 〜 [8] は、1.(1)注3,注4の該当者のみが提出する書類です。

※受検資格上の内容を確認するために、当方が指定する書類を追加提出していただく場合があります。
※再受験申込者(平成15年度〜25年度までの受験申込者で、平成26年度の同一検定試験に再度申込する者(但し、平成15年度に前年度学科合格者の資格で実地試験の申込を行った方は除きます。))は、平成15年度以降の「受検票」、「不合格通知」、「受験証明書」のいずれかの原本を添付すれば、提出書類の一部(実務経験証明書、住民票、資格証明書、卒業証明書等)を省略できます。

3.受験料(消費税非課税)

学科試験 11,800円    実地試験 11,800円


4.申込方法

下表の区分のとおり「○」の付いている方法でお申し込みください。
区分 書面申込 インターネット申込 専用用紙申込
学科試験 [1] 新規受験申込者 × ×
[2] 再受験申込者
×
実地試験 [3] 前年度学科合格者 ×
技術士合格者(注) [4] 新規受験申込者 × ×
[5] 再受験申込者 ×
(注)技術士法による技術士の第二次試験のうちで技術部門を電気電子部門、建設部門又は総合技術監理部門(選択科目が電気電子部門又は建設部門)の合格者で、かつ1.(1)に記載した受検資格を満たす者

(1)書面申込 ([1],[2],[4],[5]の方)
申込用紙を購入し、書面申込受付期間内に必要書類を郵送して申込手続きをしてください。

(2)インターネット申込 ([2],[3],[5]の方)
平成15年度〜25年度までの受験申込者で、平成26年度の同一検定試験に再受験申込をする方は、インターネット申込みができます。事前に申込書を購入する必要はありません。
また、平成25年度学科試験のみの合格者もインターネット申込みができます。

(3)専用用紙申込 ([3]の方)
前年度(平成25年度)学科試験合格者には、専用申込書を2月上旬にお送りしています。
下記申込方法のいずれかを選択してください。

[A]「前年度学科合格者専用申込書」による申込
[B] インターネット申込(当基金ホームページ)

5.書面申込用紙の入手方法 (上記4.(1)の方)

申込用紙代金 1部600円(消費税込み)
購入方法 次の方法で購入できます。(郵送料等はこちらをご覧ください)

[1] 当基金及び下記(「受験申込書」の取扱先)の窓口にて購入(土・日曜日、祝日は休み)
窓口での販売期間 平成26年1月24日(金)〜2月21日(金)

[2] インターネットを利用して購入
インターネットでの販売期間 平成26年1月24日(金) 9:00 〜 2月14日(金) 12:00(正午)

[3] 郵送請求による購入
郵送に必要な次の事項をメモ等に明記の上、申込書代に送料(1部240円)を加算して現金書留で当基金へお送りください。(2部〜5部は、部数により送料が変わります。また、6部以上は着払いとなります。詳細は、こちらよりご確認ください。)
郵送請求での販売期間 平成26年1月24日(金)〜2月14日(金) (午前必着)

<メモの内容>
. 郵便番号 住所
. 受取人氏名(会社の場合は部署名・担当者も記載)  
. 電話番号(日中連絡の取れる番号)
. 郵送希望の申込書
i) 「1級電気申込書」
ii)部数

<郵送請求先>
〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-2-12 虎ノ門4丁目MTビル2号館6階
一般財団法人 建設業振興基金 試験研修本部


※ [2] 及び [3] の入手方法で、依頼日から5日以内に届かない場合には、速やかにお問い合わせください。ご連絡がない場合は、一切責任を負いかねます。
Copyright(c)2005 一般財団法人建設業振興基金 all right reserved.